コープあおもりについて

お知らせ

むつ市から「むつ市認知症サポート事業所」第10号認定証を交付いただきました。

2017/06/13

 2017年6月13日火曜日、コープあおもりむつセンターにてむつ市・市長宮下宗一郎様、 株式会社みちのく銀行むつ支店・支店長高屋昌彦様、コープあおもりから小池伸二理事長が参加し「むつ市認知症サポート事業所」第10号認定証を交付式を開催しました。
 「むつ市認知症サポート事業認定制度」とは、従業員の半数以上が認知症サポーターで、認知症の人が住み慣れた地域で安心して暮らすことができるまちづくりに賛同し、認知症について正しく理解し、認知症の人やそのご家族を温かく見守る事業所をむつ市が認定するものです。
 
 コープあおもりは2014 年2月に青森県と『青森県における「高齢者等見守りの取組」推進に関する協定』を締結いたしました。その後、県内各自治体との協定の締結を進め、2015年9月の田子町との締結により、県内全40市町村と協定を締結するに至りました。これにより、コープあおもりは、県内の全ての地域に高齢者等の見守り活動を広げ、地域の見守りネットワークの一員として、行政との連携のもと、高齢者等が住み慣れた地域で安心して暮らせる地域社会づくりを支援しています。

  • はじめての方へ
  • あっとコープ