コープあおもりについて

お知らせ

新年にあたって

2022/01/01

新年にあたって
理事長 菅原正
 新年、あけましておめでとうございます。
 昨年中は、組合員の皆さまをはじめ、お取引先や関係者の皆さまに大変お世話になり、ありがとうございました。また、コープあおもりが取り組んでいる、食の安全・安心や平和・環境を守る活動、福祉や子育ての活動、被災地や被災者への支援活動などに、多くの組合員やお取引先等の皆さまのご理解とご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
一昨年に続き、昨年も新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、コープあおもりの事業と活動は大きな影響を受けました。そのような状況において、通常総代会も従来より規模を縮小し、運営も簡素化となりましたが、ホテル青森を会場に開催することができ、一昨年より多くの総代の方々にご参加いただきました。組合員活動においては、学習会や各種企画において、インターネットを活用したリモート開催等も実施し、より多くの組合員に参加いただきました。これまでの対面での学習会や企画等に加え、より多くの方が参加できる、新たな有効な手法であることも実感することができました。社会的な取り組みにおいて、一昨年は中止となった「はじめてばこ」が再開され、多くの方から応募をいただきました。また、新型コロナウイルス感染により自宅療養となった方々に、コープ商品を中心とした食材セットをお届けしました。一昨年10月から開始し、昨年11月までに776世帯の方にお届けしました。その他、8月の豪雨災害で甚大な被害を受けた風間浦村に、食料品や水、大人用おむつ・生理用品等を無償で提供しました。
 一方、長く続いたコロナ禍において、外出の自粛による巣ごもり消費が続いたこともあり、共同購入の利用は大きく伸びた20年度実績を維持し、4月度~11月度累計前年比で100.1%となりました。店舗では、去年9月9日にるいけ店がリニューアルオープンしました。改装工事のため17日間の休業となり、日頃ご利用いただいている組合員の皆さまにはご不便をおかけし申し訳ありませんでした。今回のリニューアルの目的は、買い場を広げて品揃えを充実し、組合員の皆さまのくらしにより貢献することです。リニューアルオープン後は来店人数・利用が高まり、計画以上に推移しています。組合員の皆さまからは「店内が明るく、きれいになったね!」、「通路が広くて歩きやすく、買い物しやすい!」等の声をいただいています。更に支持をいただけるお店をめざして努めてまいります。
 コープあおもりの今年度の事業・経営は一昨年に引き続き好調に推移しています。供給高・供給剰余金はともに前年・予算を上回り、黒字決算となっています。改めて、コープあおもりの事業・経営、活動を支えていただいている組合員や職員、お取引先の皆さまに、深く感謝申し上げます。
 コープあおもりは、今年も安全な食品の供給とコミュニケーションを通して、地域での人と人のつながりやくらしの安心を広げる事業と活動を進めていきます。また、くらしに役立ち、安心して利用できる事業と健全な経営を推進していきます。
 1日も早くコロナが終息し、組合員の皆さんの様々な活動が活発に行われる日がくることを祈念しています。今年も、組合員の皆さんをはじめ、関係各位の皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 

  • はじめての方へ
  • あっとコープ