活動・取り組み

お知らせ・活動レポート

【青森地域】津軽バイオマスエナジー含めた見学会が開催されました

2017/09/01

2017年8月31日(木)
青森地域 産地工場見学実行委員会主催で
津軽バイオマスエナジー含めた見学会が開催されました♪
 
 平川市中佐渡地区にある「津軽バイオマスエナジー」、コープあおもり平川合同センターから車で10分程度の場所にあります。津軽地方の間伐材やりんごの剪定枝を燃料に6,250kw(年間約14,000世帯分)の発電出力があり、平川市内の学校等公共施設等でも利用されています。コープあおもりでも津軽バイオマスエナジーでつくられた電気は地球クラブを介して購入し、利用しています。
 
 

 当日は弘前市内の「JAアオレン」を見学後、新しくなった「松原店」でお買物&昼食後バイオマスエナジーを訪問致しました。参加者は事務局含めて23名。初めて見るプラントに皆さん興味津々でした。最初に奈良社長より施設概要のDVD視聴後2グループに分かれて見学しました。

さらに今回は奈良社長のご厚意により、廃熱を利用(冬期間)してつくられた高糖度のトマトも試食させていただきました。大変おいしくいただきました。

  • 左が「アイコ」、右が「フルティカ」です。

    左が「アイコ」、右が「フルティカ」です。

《参加者の感想》
・働く場(地域の人)や地域に電気を安く利用してくれるので良いことです。これからのエネルギーに期待します。トマトにも期待します。
・循環型社会の一歩としてムダを省きすべてを利用していく方向性ができてよかった。
・ビックリすごいです。トマトおいしかった。
・説明がわかり参加してよかったです。
・詳しい説明があり、知らない事がたくさんあり勉強になった。
・新しい発電所の見学とそこで作られたトマトを食べることが出来て良かった。いろいろな形で発展していって欲しいと思います。
・発電所がいろいろな形で発展して私達の生活に豊な実りを与えてくれると期待しています。
・ すごい施設で本当にエコだと思った。説明の時は、機械が音がうるさくてよく聞こえなくて残念でした。トマトはすごく美味しくて生協で売ったらすぐ買おう。
・設備が大変だったでしょう。思いがけないトマトも試食出来ラッキーでした。益々の発展を祈ってます。
・ 発想の少しの転換でこんな産業ができるのだなと思いました。まずはこのような発想を持つ人物を選ぶことが今さら必要であるとおもいました。社長さんの熱意に心引かれました。頑張ってください。
・詳しく説明していただき工場の流れがわかりました。自然に優しくとてもすばらしいことだと思います。これからはトマトだけではなく、違う野菜などにもつかえたらと思いました。
・加工の様子が目の前で見れたので良かった。プチトマト美味しかったですね。お話の説明が上手で笑いもあり楽しく見学できました。
・前から気になっていたので参加出来てよかったです。今のところ木材は間に合っていますが、将来的にはどうなのかなと心配になりました。今のところ原発稼動しなくても電力は間に合っているようなのでこのまま再生可能エネルギーに頑張っていただきたいと思います。熱を利用した農業も広がってくれたら嬉しいです。




《関連記事》

農地所有適格法人(株)津軽エネベジ 豊作祈願祭に参加しました
 

株式会社津軽バイオマスエナジーバイオマス発電事業へ出資 100万円

  • はじめての方へ
  • あっとコープ