コープあおもりについて

お知らせ

新年にあたって

2019/01/01

新年にあたって
理事長 小池伸二

 新年、明けましておめでとうございます。
 昨年中は、組合員の皆様はじめ、お取引先や関係者の皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。また、コープあおもりが取り組んでいる食の安全・安心や平和・環境を守る活動、福祉や子育て活動、被災地や被災者への支援活動などに、多くの組合員や取引先等の皆様のご理解とご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
 昨年のコープあおもりは、経営の健全化が一層進み、組合員の皆様に3年連続で出資配当を行うことができました。昨年4月には、一昨年の松原店(弘前市)に続き、西弘店(弘前市)が建て替えオープンしました。西弘店は、弘南鉄道のご協力で弘前学院大前駅の駅舎と一体で建て替え、施設を一新しました。松原店と同様、これからも地域の組合員のくらしに役立ち、末永く愛され続けるお店をめざして努力していきます。また、昨年の理事会では、和徳店(弘前市)の移転新築を決定しました。津軽保健生協の旧健生病院跡地に、今年秋のオープンをめざして新和徳店を建設する計画で、いよいよ2019年4月からは建設工事が始まる予定です。新しいお店をみんなの力で成功させ、今後の店舗事業の展望を切り拓いていきたいと思います。
 2018年度は西弘店の建て替えオープンのほかにも、様々な新しい課題に取り組んできました。RAB青森放送との共同企画である県内で生まれた赤ちゃんに「はじめてばこ」をお届けする取り組みは、既に3,000世帯を超え、お届けしたご家庭に大変喜ばれています。また、弘前と八戸の店舗のポイントカードを統一し、共通して使用できるようになりました。また、組合員から要望の多かった共同購入のポイント制度も開始する予定です。その他、共同購入注文書の個人別セットや手狭になったむつセンターの増築など、様々な改善に取り組んできました。
 今年もコープあおもりは、安全な商品の供給とコミュニケーションを通して、地域での人と人のつながりやくらしの安心を広げる事業と活動を進めていきます。また、くらしに役立ち、安心して利用できる事業と健全な経営を推進します。そして、他生協や行政・他団体との協同・提携を一層強め、健康で安心してくらせる地域社会づくりに貢献していきたいと思います。
 今年も、組合員の皆様をはじめ、関係者の皆様のご理解とご協力をどうぞ宜しくお願い致します。
 

  • はじめての方へ
  • あっとコープ